就活に役立つパソコンスキル

そもそも、就活に必要なスキルとは何があるのだろうか。近年、就職活動はただの大学名だけでOBとのつながりの効果もありすんなり決まる、というものではなくなり、個人の経歴だけでなく性格や人柄、細かな能力、特性などまで鑑みて判断されることが増えてきた。これは、終身雇用の時代が終わったことにもよるのだろう。

一般的なパソコンスキルとは

そもそも、パソコンが一般家庭に非常に広く浸透している現代社会において、どのようなパソコンスキルを持っているのが一般的で、どのようなパソコンスキルを持っていると抜きんでていると言われるのだろうか。その違いについて、細かく注目していこうと思う。

就活に有利なスキルとは

一般的に就活に必要なスキルと言うのは何だろう。明るさ、まじめさ、仕事へのひたむきさと思い、そして面接で重視されるコミュニケーション能力。あるいは、大学や大学院での自分の実績をアピールする自己PR能力であろうか。しかし、実際の就活では自己の資格をアピールすることも勝敗の分かれ目になる。
持っていると有利な資格といえば、やはり英語などの語学能力を示すものだろう。英検、TOEIC、TOEFLなどがそれにあたる。また、簿記などの計算能力、数検や漢検などの事務処理の迅速化・正確化に役立つ能力も、持っていることで評価を受けられると考えられるだろう。
この記事で特に取り上げるのはパソコン能力だ。パソコンを扱うスキルは、現在の職業においてどこの業界でも必須と言えよう。特にMicrosoftのワード、エクセル、パワーポイントを正しく扱う技能は必ずと言っていいほど必要だ。文書を作成することができるWord、表やグラフを作成するとともに、関数で計算を簡易化・迅速化することができるExcel、スライド資料を作成したり、発表したりすることに使われるPowerPoint。こうしたソフトを使いこなせれば、現場の即戦力として認められること間違いなしだろう。この記事では、こうした基本的なパソコンスキルをどのような資格を取ることで就活でアピールできるのかと言う点に注目し、パソコンスキルに関する資格を一つ一つ精査していく。

就活有利なパソコンスキル

一口にパソコンのスキルといったり、就活に有利なスキルといったりするだけでは、現在世界中にたくさんの資格、スキルが存在することが分かった。では、その中でもっとも就職に有利なパソコンスキルは何なのだろうか。いくつものスキルを比較して考えていこう。


ページ
Topへ